あずきのざっき

映画、本、手帳、ときどきおでかけの雑記

手帳のこと(2019年のはなし)後編

先日の続きです。

ぐるぐる思考中ですが。

 

 

いろんな手帳のこと手当たり次第調べていて、EDiTの1日1ページタイプに分冊があることにふと気づき、「分冊っていうけどまさか月間ブロックがどっちにも1~12月であるわけな…ある?!」みたいなことになりました。

ということは、1~12月の月間ブロックでの予定管理を保持したまま、メモ類は分冊で半分の重さでできるってことじゃないですか。(まあ、移行時には同じ内容を書き写さなきゃいけないですが、そもそもフォーマット自体ががないのに比べたら、苦労にもあたらない!)

しかもサイズはB6です。それ嬉しい。

 

…バーチカルはバーチカルで、本体だけ買って、カバーにバーチカルと1日1ページ分冊をぎゅぎゅっと詰めれば、ほしいフォーマットに近づくのでは…?

 

1日1ページにも、左端に時間が書いてあって、バーチカル風なことはできるけど、一週間を見渡すのができないのが、どうにももどかしい。。。かといって、確かに見渡すのが必須のようなすごい仕事とか別にしてなくて、ルーチンを延々回してるような仕事なんですが…。

それに、1ページの方に時系列を書き込んじゃうと、メモスペースが少なくなっちゃうしごちゃごちゃするのがなんだか苦手。

ぐだぐだ文句ばかりですみません。

 

そう思って、B6のバーチカルと分冊を買いに、先日ぷらぷらとマークスの直営店に行きました。

そうしたら、バーチカルのA6サイズがあるじゃないですか。

直営店限定シールが貼られておりました。

これ…ほぼ日手帳オリジナルのavecと一緒にカバーに入れたら…これはこれでほしいフォーマット(ただしサイズはちょっと小さめ)じゃない???

1年間の予定はバーチカルの方の月間で管理して、あとは1日1ページできれば…

 

そう思ったわたしは、気づけばA6のバーチカルも購入していました。。。

 

でも悲しいことに、これ12月はじまりだった。

ということは実践できるのは来月です。

とりあえずカバーに挟んでみたら、ちょっとバーチカルの方が分厚いのか、ギュッとなりましたが、許容範囲でした。試してないけど多分バタフライストッパーもいかせる。と思う(なぜ試さなかったのか)

 

あれこれ大きいとか小さいとか注文をつけていますが、ほぼ日手帳トモエリバー、大好きなんです。

だからどうにかしてカズンのフォーマットでB6で(以下略

 

とりあえずそれまで、EDiTの1日1ページを活用しようかな…

 

 

 

この間つい惹かれて買っちゃったcitta手帳もどうにかしないといけない…

最初の二週間しか書いてなくて大変不真面目なので、それはそれでやらなきゃなのですが。

 

 

こうしてあれこれ書いて解決した風ですが、多分まだまだ買っちゃったりするんだと思います。

ちょこちょこ書いていきますので、お付き合いいただければ幸いです。

 

なんだかんだで手帳ジプシー、楽しいです。