あずきのざっき

映画、本、手帳、ときどきおでかけの雑記

まいにち、ぼちぼち

やりたいことはたくさんあるのですが、

結局手を付けられないまま寝る時間になっちゃったりして、毎日しょんぼりします。

一日にひとつだけでも達成したいので、ブログをちょこっと書いたりします。

 

映画の感想をいくつか書いて思ったのは、いろんな映画ブログの方の文章を読んで、わたしもやりたい!と思って始めたはいいものの、思っていることをきちんと文章に表しながら、人に感想を伝えるって難しいんだなあ。ということ。

~がおもしろかった。~もおもしろかった。というだけじゃなくて、何がどうしてこうなったからおもしろくて、その裏にはこういう思いがあったんじゃないか?とか、そういうきちんとした考察も交えつつ、感想を書けるようになりたいなあ。

 

あとはとにかく、山のようになった本を読まなければ。。。

せっかく「三体」を買ったので、あれを毎日少しずつでも読みたい。

 

読書記録もつけながら、ブログを書いていきたいと思います。

やりたいことたくさんありすぎるから、一日が48時間にならないかな…そしたら15時間くらい寝る…あれ?

毎日とても眠くて困っている

最近とにかく眠い。

 

ここ2週間くらい、仕事中にかなりの確率で意識飛んでる。。

 

いや原因はわかってます。

新作映画のための予習復習ばっかりして夜中まで起きてるからいけないんです。

昨夜なんて、早めにエンド・オブ・キングダムを切り上げたのについうっかりスマホゲームに時間を使ってしまいました。映画関係なかった。

そしたら全然早く寝られなかった(当たり前)

 

きちんとした睡眠時間を取ったら、日中眠くなくなって、ダイエットもできるのだろうか。

 

と思いつつ、じゃあきちんとした睡眠時間って?

6時間くらい寝られたらすごくいいんだけれど、休日にどこにも出かけない日は12時間くらい寝ている。

自分の適切な睡眠時間っていったい何時間なんだろう。

まあ、毎晩午前2時に寝ていたらそりゃ睡眠不足ですよね。

お肌にも悪いし。

睡眠をたくさんとることですぐ痩せる!みたいなダイエットがあったらなあ。。

寝るだけダイエットって最高じゃないですか???

 

いやむしろ、仕事が退屈だから眠くなるのかもしれな(ry

 

 

 

そんなしょうもないことを考えながら生きています。

 

ここ最近は結構夜中まで起きているのですが、

普段は高確率で寝落ちが多いです。

しかも、床寝。

フローリングの上のぺらぺらじゅうたんの上で寝ちゃいます。

2時間くらいは寝ているので、身体は痛いし、寝た気はしないし、血行が悪くなっているのか身体の動きが悪いので、ベッドに潜り込む気力もなくそのまままた床で寝ちゃったりとかはざらにあります。

ここ最近めっきり寒くなってきたので、床寝がちょっと厳しい季節ですね。

着る毛布を買おうかとも思うんですが(これは床で寝るの関係なく、ただ普通に部屋が寒いので)、それを着てぬくぬくになったら油断して床寝しちゃう可能性もあるし、うぬぬ。

でもキングジムさんから出てる着る毛布、ズボンみたいになっててかわいくて便利そうだから欲しいんだなあ…

 

 

とにもかくにも、風邪をひくと咳だけのこってすごくつらい目に合うので、今年の冬は床で寝ないで風邪もひかない!を目標にしたいと思います。

さて今夜は早く寝よう。。

【ネタバレあり】「ターミネーター ニュー・フェイト」感想

公開初日に観てきたんです。

それなのに今頃感想を書いています。

 

前作、前々作は、ずっと昔に観たので、ひとまず復習しました。

そうしたら、こんなに面白かったんだ!?ってなりました。

復習する前は、ほぼ先入観で、とりあえずシュワちゃんがムキムキな映画だなあと思っていました。

いやムキムキなんですけどね???

あとは、大分前に観たもので、1からジョン・コナーが出てると思い込んでいました。違うし。2だし。

やはり予習復習は大事だなと実感しました。

そもそも、シリーズものは1から観て最新作を観に行くタイプだし。。。

 

そんなこんなで最新作。

ちょっと時間に余裕のない上映回しか取れなかったので、ばたばたしてしまいましたが、期待はとっても高かった。

金曜日でわりと大きいスクリーンだったんだけど、お客さん半分くらいでちょっとショックだった。。

 

ネタバレのない感想としては、とにかくめちゃくちゃ面白かった…!

最初から最後までずっとアクションでしたし、サラ・コナーは安定のかっこよさ。

ていうかグレースがイケメンでした。スタイル良すぎ。

行動倫理もすごく素敵で、でも時折見せる憂いもあり、ハァ、グレース…なんて素敵な女性なの…!

ダニー役の方、あまり聞いたことない方でしたが、すごく雰囲気にあっていて、ヒロインとしての風格が素晴らしかったですね。

 

音楽もかっこいいし、アクション好きな人は観るべき。

いやもう、とりあえず観てほしい。

 

むむ、ものすごく語彙のない感想になってしまった。。。

 

 

以下、ネタバレありなので折り畳みます。

 

 

 

続きを読む

気になる手帳

懲りずにまた手帳のこと。

 

今年前半に、いろは出版という会社から出たSUNNY手帳というものを買ったのです。

月間ブロック、セミバーチカル(EDiTでいうところの週間ノートですね。時間の区切りが書いていないバーチカルです)、そしてノートのページがたっぷりあるというもの。

これ、お休みの日とかの色分けが、たいていは赤か青かのところ、綺麗な黄色で表示されていて、すごくかわいかったんです。

ただ…書いた文字がめちゃくちゃ裏抜けした…

あと、カバー付きなのですが、太めのヘアゴムみたいなのがカバーについてて、それで止める形なんですが、手帳書くときそれが下に入るじゃないですか。カバーの背部分からゴムが出てるので。そうすると必ず片側に寄せなきゃいけない→めっちゃガタガタする!というジレンマに陥った。

前のブログでも書きましたが、かなりほしいフォーマットに近いんです。メモのページがたくさんあるから、日記を書き忘れた日は飛ばしちゃえば、案外ぎゅぎゅっと収まりそうだし、バーチカルがあるから俯瞰もできるし。B6だし。

ただね…文字が裏側にめちゃくちゃ透けるのがな…って思って、一か月くらい使って放置してしまってました。

 

今年の10月に入ったくらいになって、手帳売り場もどんどん増えてきて、毎週のように何も買わなくても見に行くんですが、SUNNY手帳ないな…今年は出ないのかな…と思っていたら。

ついこの間、出てたんですよね!

しかも、もらってきた冊子によると、紙が改良されて裏抜けしにくくなったとか!!

た、試したい…

冊子の写真によると、確かにマーカーの裏抜けが軽減されている(何のマーカーを使ったのかは書いてありませんが)。。

しかもメモページの先頭(セミバーチカルとメモページの間)に、インデックスが増えている!

メモページには下にページ番号が振ってあるので、これをインデックスに書き写せば一目瞭然というかたちになってます。

バレットジャーナルをやりたいけどフォーマットを作るのがめんどい、という人にもよさそう。(ちなみにわたしもバレットジャーナルは一度試して、フォーマット作るところで断念しました。それ試したっていわない。)

あと、オンラインストアで買えるらしい、別のカバーつきのが出ていました。マグネットでパチッとするやつ。ペンさしもついているし色もかわいい!

オンラインだけかなと思ったのですが、先日渋谷ロフトに行ったら店頭にありました。一部店舗にはあるってことかも。

 

…ううう、選択肢が増えて、嬉しいやら悩むやら。

ほぼ日手帳day-freeを手に入れたのでこれも試したいのですが、どうしてカズンからバーチカルを外してしまったんでしょうか???

月間ブロック+バーチカル+日付なしメモページたくさん、だったら絶対これにしたのに!!!

バーチカルみたいなものを自分で書いて使うことも考えたんですが、下のお言葉ゾーンがあってうまいこと書けなさそう。

わたしはお言葉否定派じゃなくて結構読んでるのですが、それにしてもさ…

 

また来年度も手帳をちょろちょろ使いさしては放置するパターンになってしまいそうで怖い。

12月始まりのEDiT、A6バーチカルと、あとひと月分残っているほぼ日手帳オリジナルavecをセットにして試してみてから、SUNNY手帳、どうするか決めようかしら。

 

早く12月になれ、という思いと、もう12月…という気持ちでぎゅっぎゅとしてきましたが、

とにかく、まだまだ手帳に悩む日々です。

「フッド・ザ・ビギニング」の感想。

先日ですがずっと観たかった「フッド・ザ・ビギニング」を観てきました。

キングスマン」でタロン・エガートン(エジャトン?と書いてある雑誌もありましたね)が最高に可愛いかっこいいだったので是非とも観たかったのですが、地元では朝早くか夜遅くの時間しか公開当初からやっていなくて、泣く泣く日比谷へと出かけて観てきたのです。

 

で。

すごくよかった…観に来てよかった…ってなりました。

公開から少し日数が経っていたのもあって、席数が結構少ないスクリーンだったんですが、たぶんほぼ満席だったと思います。

勝手に内心「タロンくんのために集まってくれてありがとう!」って思っていました。何様ですか。

 

で、感想なのですが。

 

とにかくアクションがかっこいい。

ジャンプや回転しながら矢を射るシーンとか、もうかっこいい。知ってた。タロンくんはキングスマンのときからかっこいいってわたし知ってた。

馬に乗って戦うのもものすごくかっこよかった。

アクションはかっこいいし、恋愛あり、友情あり、人間の汚いところもあり、なかなかにみっちりと詰まった映画でした。

 

衣装が時代の枠を飛び越えていて、たしかあえてそういう風にしていたのだと思うのですが、それが中世の街並みに妙に合っていましたね。

街並みもどこか現代みを帯びていて、それがまた素敵。

パンフレット、まだちゃんと読めてないのですが、ちらっと見た感じで、制約なく作ったと書いてあって素敵な現場だったんだなあと思いました。

タロンくんのコートがすごく素敵でした。途中ちょっとリメイクされましたが…

女性のドレスもすごくセクシーかわいいでさいこうでした。

 

そしてベン・メンデルソーンさんは小悪党を演じさせたらピカイチだなって改めて思いました。「レディ・プレイヤー1」のときの小悪党感も半端なかったですが、今回は今回ですごい。すごい小悪党。でもなんでか妙に憎めないところが、またすごいと思います。

キャプテン・マーベル」のときのかわいさを思い出してしまうせいかもしれません。

わたしは語彙が少ないので、ついたびたび、何でもかんでもかわいいといってしまう傾向がありますが、本人は心からそう思っているので、見逃していただけるとありがたいです。

 

ジェイミー・フォックスさんが大変格好良くてぞわぞわしました。

最初の登場シーンからかっこよくて強くて危うく惚れるところでした。

 

予告編を観た時から、「どうしよう…B級だったら…」って思っていたんですが、

いい意味で裏切られたというか、大きな映画館のスクリーンで観られてとても楽しい映画でした。

何より、何も考えなくてもタロンくんが常にかっこかわいいので全然飽きずに楽しめました。

 

映画館に観に行こうかどうしようか迷っている方がいたら、行った方がいいと思います!公開期間もあと少しだと思いますので、ぜひ。

手帳のこと(2019年のはなし)後編

先日の続きです。

ぐるぐる思考中ですが。

 

 

いろんな手帳のこと手当たり次第調べていて、EDiTの1日1ページタイプに分冊があることにふと気づき、「分冊っていうけどまさか月間ブロックがどっちにも1~12月であるわけな…ある?!」みたいなことになりました。

ということは、1~12月の月間ブロックでの予定管理を保持したまま、メモ類は分冊で半分の重さでできるってことじゃないですか。(まあ、移行時には同じ内容を書き写さなきゃいけないですが、そもそもフォーマット自体ががないのに比べたら、苦労にもあたらない!)

しかもサイズはB6です。それ嬉しい。

 

…バーチカルはバーチカルで、本体だけ買って、カバーにバーチカルと1日1ページ分冊をぎゅぎゅっと詰めれば、ほしいフォーマットに近づくのでは…?

 

1日1ページにも、左端に時間が書いてあって、バーチカル風なことはできるけど、一週間を見渡すのができないのが、どうにももどかしい。。。かといって、確かに見渡すのが必須のようなすごい仕事とか別にしてなくて、ルーチンを延々回してるような仕事なんですが…。

それに、1ページの方に時系列を書き込んじゃうと、メモスペースが少なくなっちゃうしごちゃごちゃするのがなんだか苦手。

ぐだぐだ文句ばかりですみません。

 

そう思って、B6のバーチカルと分冊を買いに、先日ぷらぷらとマークスの直営店に行きました。

そうしたら、バーチカルのA6サイズがあるじゃないですか。

直営店限定シールが貼られておりました。

これ…ほぼ日手帳オリジナルのavecと一緒にカバーに入れたら…これはこれでほしいフォーマット(ただしサイズはちょっと小さめ)じゃない???

1年間の予定はバーチカルの方の月間で管理して、あとは1日1ページできれば…

 

そう思ったわたしは、気づけばA6のバーチカルも購入していました。。。

 

でも悲しいことに、これ12月はじまりだった。

ということは実践できるのは来月です。

とりあえずカバーに挟んでみたら、ちょっとバーチカルの方が分厚いのか、ギュッとなりましたが、許容範囲でした。試してないけど多分バタフライストッパーもいかせる。と思う(なぜ試さなかったのか)

 

あれこれ大きいとか小さいとか注文をつけていますが、ほぼ日手帳トモエリバー、大好きなんです。

だからどうにかしてカズンのフォーマットでB6で(以下略

 

とりあえずそれまで、EDiTの1日1ページを活用しようかな…

 

 

 

この間つい惹かれて買っちゃったcitta手帳もどうにかしないといけない…

最初の二週間しか書いてなくて大変不真面目なので、それはそれでやらなきゃなのですが。

 

 

こうしてあれこれ書いて解決した風ですが、多分まだまだ買っちゃったりするんだと思います。

ちょこちょこ書いていきますので、お付き合いいただければ幸いです。

 

なんだかんだで手帳ジプシー、楽しいです。

 

手帳のこと(2019年のはなし)前編

自己紹介でもちょろっと言いましたが、手帳が好きです。

 

手帳が好きというと毎日たっぷり時間をとって、デコって、イラストも描いたりして、素敵かわいい手帳を書いてインスタグラムに投稿している感じになってしまいますが、

わたしはいまだに理想のフォーマットの手帳にたどり着けないまま、あれこれ買いあさってはちょっと書き込んで、なんか合わないかも…他にもっといいのあるかも…と目移りし、また買って、そのうち4月はじまりが出て、それも買って、ちょっと書き込んで、…という無限ループをしてきました。

それでも「これは無駄遣いじゃない。自己投資だ。理想の手帳に出会えるにはこれが必要なのだ」と自分に言い聞かせ、結果、手元にはちょっとだけ書き込んだ手帳だらけになりました。

好きというよりは、運命の相手を探している感じ。

 

そもそも一体いつから手帳を使っていたのかと思って、昔の手帳を放り込んだ箱を開けてみたら、2006年のが一番古いようです。わたしがちゃんとしまってないだけかもしれないのですが。

 

見た感じのラインナップは

 

  • キャラもの(ミドリのおじさんとか使ってた)
  • アーティミスのブロック型(月間ブロックと、見開きを8つに区切って日記が書けるもの。これが一番多かったみたい)
  • ほぼ日手帳オリジナル(そして案の定挫折しているのに定期的に再開した形跡がある)
  • 単純に月間ブロックだけのもの
  • ジブン手帳
  • ほぼ日手帳weeks
  • ほぼ日手帳カズン
  • EDiTの1日1ページタイプ
  • hands+のバーチカル
  • SUNNY手帳

 

後半は今年挑戦したものです。

前半は、過去の比較的頑張って書いたもの。

 

でも全部無駄遣いだったかっていうとそうでもなくて、

自分のほしいフォーマットは見えてきた。

そして、ほしいフォーマットのものは存在しないことに気づいてしまった。←イマココ!

 

わたしのほしいフォーマットは

  • 月間ブロック(予定は見開きで管理したい)
  • バーチカル(一週間の出来事を見開きで見れたら便利!)
  • 1日1ページ(バーチカルに書けなかったこととかメモとかここに書きたい!)
  • 大きさはB6くらいがいい(重いのはつらい)

なのですが、

最後の大きさのところに目をつぶれば、ほぼ日手帳カズンが一番ぴったりなんです。

でも、持ち歩くには、重い…。

持ち歩きたくて、いろいろ検索して他の方のブログを読んだりして、カズンをがんばって切り離し(すみません)、分冊にしてなんとか持ち歩いた時期もありました。

だがしかし、DIYでなんとかなるところはなんとかできても、本体サイズってどうにもならないのですよね。

ほぼ日手帳カズンはA5です。でっかい。

そのでっかさは本当に好きなんです、たくさん書けるし、広々してて。おうちでまったり広げて書くのは大好き。

でもどうにかこうにか、このフォーマットのままでB6で出してくれたら、もうわたしジプシーしない。一筋でいく。

 

ほぼ日手帳avecという手も考えましたが、仕事柄、一年分を把握しないと訳が分からなくなってしまうので、そうすると1~6月と7~12月でぱっきり分かれてしまうのって結構つらい。

 

結果、2019年の手帳は、DIY分冊のほぼ日手帳カズンと、ジブン手帳と、ほぼ日手帳オリジナルと、EDiTの1日1ページ(B6)をぐるぐる回して使っていました。

その日その日で何も考えずに書き込んで、結果内容がばらけるので同期するのも結構大変。

 

 

もう、手帳を自作するしかないのでは…とか思いつめたのは先月半ばくらいでした…。

ノートの購入の手前まで行って、でもそのときちょうどすごく金欠で思い止まり、今に至っているところです。

 

長くなってしまったので、後編へ続きます。

といっても、結局来年度の手帳も確定していないのですが。

自分の頭の中を整頓するために、ちょっとだらだらですが書きたいと思います。